PSM

Pプログラミング S初心者の Mメモ書き

Python3で迷路生成

pythonで迷路生成を実装したのでメモしておきます.
今回は穴掘り方を使用しました.

前置き

穴掘り法については[迷路 穴掘り法]で検索していただくとして.

非常に眠いのであまり丁寧に説明できませんが,基本的に以下の点を工夫しています.
・外周を通路に設定して探索点の内外判定を省略
・[偶数,偶数]となる点群のみを探索候補としてもっておくことにより高速化

コード

import random

# 幅と奥行きの設定 (どちらも奇数である必要がある)
height = 25
width = 35
maze = [[1 if 0<i<width-1 else 0 for i in range(width)] if 0<j<height-1 else [0 for i in range(width)] for j in range(height)] #通路:0 壁:1


def mazeprint(maze):  #数字で表現された面を●や◯に変換する関数
    c_dict={0:"□",  1:"■"}
    c_maze = [[c_dict[maze[j][i]] for i in range(width)] for j in range(height)]
    for i in range(height):
            print("".join(c_maze[i]) )
    print("")

#開始点を定める
wl = [[2*i+2,2*j+2] for i in range(int((width-1)/2)-1) for j in range(int((height-1)/2)-1)] #未探索リスト
stt = wl.pop(random.randint(0, len(wl)-1)) #ランダムに開始点を定める
ps = [stt]  #探索済みリスト

print("start Point: ", stt)
maze[stt[1]][stt[0]] = 0  #壁(1)を通路(0)に書き換える
mazeprint(maze)  #迷路出力



#探索する
dr =[[-1,0], [1,0], [0,-1], [0,1]] #探索方向のリスト

while(len(wl)>0): 
    random.shuffle(dr)  #探索方向順をランダムに
    for i in range(4):  #このfor文内ではある座標sttの周辺4方向に対する探索のみ行う
        nxtx = stt[0]+dr[i][0]*2 #探索候補のx座標
        nxty = stt[1]+dr[i][1]*2 #探索候補のy座標
        if maze[nxty][nxtx]==1 :  #2マス先が通路でないとき
            wl.remove([nxtx,nxty])  #未探索リストから削除
            ps.append([nxtx,nxty])  #探索済みリストに追加
            maze[nxty][nxtx] = 0 #2マス先を通路に変更
            maze[nxty-dr[i][1]][nxtx-dr[i][0]] = 0 #1マス先を通路に変更
            break
            if i==3:
                ps.remove([nxtx,nxty])
        stt = ps[random.randint(0, len(ps)-1)]

#完成した迷路を出力
mazeprint(maze)

できた迷路

この方法だと迷路が開始点から放射状に広がることは避けられませんが,
このくらいのサイズならあまり気にならずに綺麗にできるようです.
f:id:muromura:20180201083729p:plain